SMとかの変態プレイに興じるのは『自分探しの旅』だと思う

Pocket

よく海外とかに自分探しの旅に出る人がいますね。
かくゆう僕も自分を探してる訳ではないですが、旅行は一人で行くタイプです。
気楽なので。

『自分探しの旅』って言い方って面白くて、自分ってどう考えたって、今、ここにいるのが自分なんですよね。
初めていくインドのインダス川の畔で「あっ自分だ!」とかなったら、逆にそんなやつ自分を見失ってるヤバいやつですよね。
自分探しの旅っていうのは自分の中にいる自分を探す旅であって、別に海外とかリアルな意味での『旅』はしなくたっていい訳です。

究極いえば家で考え事をしていたって『自分探しの旅』っちゃあ『自分探しの旅』な訳です。

こんな自分探しの旅批判みたいな時代遅れなディスりをして何がいいたいかっていうと、

風俗で自分探ししませんか?って事です。

僕自身はアブノーマルフェチな所があって、本当にいろんなプレイに挑戦しました。
そうすると、全然興奮しないプレイもありますが、「あれ?これで起つんだ…」みたいなことは結構ある訳です。

そんな初めて会う自分に気付いて、賢者となり、ラブホテルを出てふと空を見上げる。

するとさっきまでの空とはまた違う色に見えるんですね。
えぇ
はい

自分探しの旅って結構なんだかんだ金かかるじゃないですか。

その点ロボットデリヘルなら60分21000円から自分が探せます。

是非ロボットデリヘルで新しい自分に出会ってみませんか?
本当の自分はインドにもアメリカにもいません。
ロボットデリヘルにいるのです。

SNSでもご購読できます。

ロボットデリヘルへGO

コメントを残す

*