川崎 エステ ちょんの間

川崎
 JR東日本駅名、神奈川県川崎市川崎区駅前本町(駅の西半分は同市幸区)の地名。
 東海道本線と南武線、京急本線、大師線が京急川崎駅に乗り入れている。
 工場街として発達し、飲食、商用、歓楽街と発展している。
 競馬場も存在するのでまさに飲む・打つ・買う街となっている。
 駅北東に堀之内、南東に南町と2つのソープ街を有する。
 堀之内・南町と別項目説明のちょんの間が広がっていたが2009年、2016年と数度の摘発の後なくなった。

エステ(メンズエステ)
 性行為を伴わない、リラクゼーションを目的としたマッサージの総称。
 現在、巷の回春エステ・マッサージ店では、オイルマッサージをメインに営業。
 中国人や韓国人、タイ人などの外国人をエステティシャンとして起用するケースも多い。
 サービスに性的な刺激が含まれるが粘膜接触しないのでSTD(性感染症)の恐れが少ないため、既婚男性やサラリーマンに人気がある。
 比較的女の子若くかわいい子が集まるため、回春エステ・マッサージ店は風俗業種では増加傾向にある
 マッサージの範囲は、全身に及び股間やリンパも範囲に含まれます。そして、サービスの終盤では、エステティシャンの手コキにより男性が射精する形態が主。
 マッサージのバリエーションは、店舗によって様々。基本のオイル(アロマ)マッサージが派生し、前立腺マッサージや睾丸マッサージなどを施す店舗も増えてきている。
 男性が「責められる」サービスを求める傾向が強まり、「M性感」と呼ばれる回春エステ・マッサージ店も拡大。
 回春エステ・マッサージはヘルスと比較されるケースが多いが、主な違いはマッサージの目的になります。ヘルスは、トップレスやフェラチオ、素股などがメインで行われ、一般的に言われる「性行為」を含み。
 一方、回春エステ・マッサージは、リラクゼーションを提供する事がサービスの目的であるため、エステティシャンに対する性行為の押し付けは認められていない。

ちょんの間
 元赤線・青線で営業している性的なサービスをする風俗店およびその地区。
 大阪府(近畿圏)では本番行為をさせる店のことを指し、売春宿・置屋(おきや)と同義である。
 語源は「ちょっとの間に行為をする」から。
 かつて赤線・青線地帯で売春行為していた店舗で、1956年の売春防止法の完全施行後も、旅館、料亭、スナックなどに転向し、客と従業員との自由恋愛という名目をとって、営業を続けている。
 大阪府では、ソープランドが条例により禁止されているため、今も一部が残っている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です