オプション追加型のお店で本指名を呼ぶことは決して正解とは限らない

オプション追加型のお店で本指名を呼ぶことは決して正解とは限らない

 

オプション追加型の店で働く理由の主だったところは
「一本当たりの単価」だと思う。

60分1万円でそれ以外に追加がないといくら頑張っても出勤時間×1万円しか稼げない。
だけど、追加OPがあれば1本単価は数倍になる可能性もある。

なので、たくさん稼ぐには追加OPをばんばん付けてもらう必要があるのだが・・・

 本指名になって付き合いが長くなればなるほど、皆OPを付けなくなってしまう!

そりゃそうだとも思う。

何回も同じ女とハードプレイをしたいという男は珍しい。
SM店だと浣腸なんかが有料OPになってくる。同じ女のうんこを何度も見て興奮できる人は少ないだろう。
もちろん毎回OPをつけて何年も来てくれた人たちもいた。しかし少数であることに違いはない。

体感でいうと、山盛りOPで指名するお客は大体4~6回くらいで他の子を指名するか、OPを減らして呼ぶようになる。
私の接客の傾向もあると思うが、概ねこんなところだろう。
下手したら、何度も呼んでるからいいよね?と無料化を求めてくる。

男性における特定の女性との性行為での興奮は8回目をピークに下降していく、なんて研究も読んだことがあるような気がする。

飽きる。これはもうどうしようもない。

 

ハードプレイには飽きたけど、女の子自身の魅力で通ってくれる本指名は非常に有難い。
元々の単価が高い分、ハードプレイをしなくても高バックがもらえる。
しかしこの客層ばかりになると、稼ぎは下がってしまう。

貪欲に稼ぎに行くのであれば、あえて本指名を求めずにネットの鳴り・日記を意識して、「新規の太客」を狙っていくべきだろう。
SMなどのOPメインの店では、本指名で埋めることが必ずしも100点ではないということだ。

ちなみに私は、1日3本程度仕事につくうちの1本は長い本指名が来るようなバランスで働いていた。
長い本指名は単価は下がるが、圧倒的に楽だ。ハードプレイの新規さんを4回目までつなぎとめるプレイをするために、長い本指名さんのところでは身体を休めていた。
ほんとに2時間コース中30分以上は寝ていたと思う。それでも毎月欠かさず何年も来てくれていた人が何人もいた。有難い話だ。
毎度毎度、どこのお客さんとどんなプレイをしたとか最近入った誰々が可愛いから入った方がいいとかそんなおしゃべりをだらだらしてプレイして寝ていた。
もちろん毎回そううまくいくわけでもないので、全然指名が来ない時もあったし、指名で埋まって基本バックだけで帰る日もあったけれど。
新規or数回目のお客と、親しい本指名で回す、というのが正解パターンだと思う。

 

店員は何かにつけて口酸っぱく指名指名言うが、ぶっちゃけ指名で埋まったら稼ぎ単価は下がるぜってお話でした。

指名は無理せずほどほどに!新規に向けてアピールをしよう!単価が下がってきたら次!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です