たこ焼きマンコマンの思い出

僕は昔からエロかった。

 

小学6年生の頃のあだ名は『えっち○○』だった。○○の所には僕の名字の頭2文字が入る。

 

小学6年の頃の僕等の仲間内の挨拶は「セック!」だった。

なぜかセクハラという単語が僕らの中で流行し、略して「セック」一言になったものが挨拶として定着した。

小学生というのはなんとバカな存在なのだろう。

続きを読む

犬を人間くらい可愛がるのは褒められるのに、人間を犬畜生として扱ったりするプレイは悪く言われる

世の中には何の長所もない人もいます。

 

その人の能力の中で例えば足が速いという部分が一番だとします。

しかし長所であるその足が速いという能力が、全体の中での平均値を下回っている場合があります。

その人の中では長所かもしれませんが、皆からするとその長所も短所にみえる訳です。

続きを読む

風俗店の顔面偏差値はフリーで入ると分かる

これから風俗を立ち上げたいという人は、いくらくらいの金額でどのくらいの女の子を揃えればいいのかという感覚が分からなかったりするんじゃないでしょうか?

 

そういう時には色々な価格帯の風俗を全てフリーで遊びましょう。

フリーというのは指名しないという事、要するに店に女の子を決めてもらう訳です。

 

どの風俗店も人気の子はそれなりに可愛いです。

逆に可愛いから人気ある訳です。

 

この子たちはいわば店の看板なので参考になりません。

 

風俗店の本当の体力がわかるのは、フリーで来る子の顔面偏差値がどの程度なのかです。

続きを読む

自分の脳みそのペースに合わせて仕事をした方がいい

風俗経営も色々と考える事が沢山あります。

キャンペーンを打ったり、次の展開のアイディアを練ったり、女性管理の仕方だったり…。

何かと能書きを考えなきゃいけない事って多いです。

 

この能書きって中々絞り出そうとしても出てこなかったりするんですよね。

 

 

逆にどうでもいい時に凄いいい能書きが出てきたりする。

続きを読む

女の子は誰に好かれたいのかを先に決めておこう

働くというのはエネルギーを使います。

女性にとって風俗って仕事は文字通り体を張る訳です。
精神的にも肉体的にも負担は大きいです。

 

どうせエネルギーを使うんだったら、その伝導率が高い方がいいに決まっています。

 

なんとなく、流されるままに風俗で働いている人も沢山います。
しかし適当にやろうが真面目にやろうが働いてる分には同じ負担がかかるのはかかってます。

 

同じ負担がどっちにしろかかるのであればなるべく軽減したい。

 

その為には「誰に好かれたいのか」というターゲットを明確にしておきましょう。

続きを読む

出来る事だけやればいいのに

皆、始める前は威勢のいい事を言っていても、実際に行動に移すとなると躊躇したり出来なかったりします。

 

出来る事だけ約束して、出来ない事は出来ないって言ってくれればいいだけなのに、自分を過信しているんでしょう。
出来た事なんてないのに、出来るに決まっているという前提で約束してしまいます。

依頼した側からするといい迷惑です。

続きを読む

健康でちゃんと勃起しないと人生楽しめない。

最近、肝炎になってしまいました。

胃が痛いと思っていたら「胃が原因じゃないかもよ?一応血液とっておきなよ」と医者に言われ、3日後に結果を聞きに行くはずが、次の日にすぐに電話があり「γGTPが1400近くあるから緊急入院したほうがいい!」と宣告を受けました。

入院はしませんでしたがしばらく安静にしてました。入院しても処置は安静にするってだけっぽいのでだったら自宅でも同じだろうと。
何かあったときにすぐにお医者さんがきてくれる状況というのは違いますけどね。
入院嫌ですもん。

ちなみにウイルス性のA型肝炎です。BとかCじゃないので誤解なきよう。

続きを読む

風俗店にとってお客さんと女の子のどっちの方が大切か

風俗経営においてお客さんとキャストの女の子のどっちの方が大切かというのは永遠の課題だと思います。

 

こういう風にブログに書くのであれば「女の子が一番大切だ」というべきでしょう。
どっちかというとこの2つの選択を迫られてどっちというかという答えはお客さんよりも女の子の方が気にしますので。

 

それを気にしていると当たり前の事しかかけなくなるので今回はその考え方は無視します。

 

 

まず前提にどっちも大切なんです。お客さんも女の子も大切にしなければ店が成立しませんから。
そしてどっちかを大切にする事が出来たら、もう片方もついてくる存在です。

続きを読む

二匹追って、二匹捕まえる

職場で売り上げをどう上げるかを話していたら、うちのスタッフが

 

「最近、理想と目先のお金は両方取りに行かなきゃいけないって気付いた」

 

って言った。

続きを読む