案山子

さだまさしの案山子という曲がある。

 

昨日、沖縄のスナックでその曲を歌った。

 

案山子というのは、上京した息子に対する父親の思いを歌っている曲だ。

サビの部分は息子に語り掛ける歌詞になっている。

手紙が無理なら 電話でもいい
「金頼む」の一言でもいい
お前の笑顔を待ちわびる
おふくろに聴かせてやってくれ

元気でいるか 街には慣れたか
友達 出来たか 寂しかないか
お金はあるか 今度いつ帰る
寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る

 

この曲を、シャイな父親の不器用な愛情表現としての側面ばかり気にしてカラオケで歌っていたら、隣にいた酔っぱらったオヤジが

「この曲はなぁ、男と女は違うって事なんだよ」

って言いだした。

「男っていうのは、男同士、離れていても気持ちが通じるところがある。実家に連絡を入れない理由もわかる。だけど女っていうのは、そこの部分がどうしてもわからないんだ。だから、俺はいいからおふくろに連絡してやってくれって曲なんだ」

と教えてくれた。

 

案山子っていうのは奥さんに対するラブソングだったのか。

その部分に気づけないでこの曲を歌っていた僕。

なぜ自分がモテないのか分かったような気がした。

沖縄の夜遊び日記

今日のはブログというよりもただの日記になりそうだ。

今、那覇にいる。

一昨日はデリヘルにいって昨日は松山のキャバクラにいった。

那覇で夜遊びしたことがなかったので新鮮で楽しい。

続きを読む

これから沖縄

よく考えたら沖縄ついて人と合流したりとか色々考えると日記をPCからかける時間が今しかなさそうなので、無理矢理今書く。

毎日更新ってうたったからには一応やらないと…。

書き溜めしておけばよかった。

 

さて今回のシーズンオフの沖縄旅行を色々予約してビックリした事がある。

 

とにかく全てが安い。

 

LCCの飛行機なんてグレードアップして2万くらいだし、すっごいよさそうなコンドミニアムを那覇にとったんだけど、そこも一泊6000円くらいだ。

レンタカーも10日間で1万円とか。

 

非常にくるっている。

 

東京にいるよりもあっちにいた方がお金使わなそうだ。

 

東京でタクシー往復のったらすぐにいってしまう。

 

 

そういえば成田から自分の車で行くんだけど、空港まで車を取りに来てくれて、帰り車を洗ってもってきてくれるサービスが、駐車場料金とか全部込で8000円だった。

当日予約なのに。

前もって予約したらもうちょっと安いらしい。

 

いやはや、なんか今そんな価格破壊が起きているなんて思わなかった。

 

 

今回のブログは風俗さっぱり関係ないな。

 

まぁ沖縄にいってご当地の風俗でもいってその感想を書くという事で。

 

それでは…急がないと…

なーんか儲かる話ないかねぇ?

「なーんか儲かる話ないかねぇ?」

男同士で飲んでると頻繁に出てくるセリフランキングをやったら、なかなか上位に食い込んでくるのではないでしょうか。

 

そんな甘い話ないって事は知ってるんですよ。だけど言いたくなっちゃうこのセリフ。

実際に「儲かる話あるよ」って言われても、そんな怖い話には絶対に乗っからないんだけど、やっぱり言いたいこのセリフ。

 

 

それにしても最近は本当に儲かる話を聞かないですね。

僕が東京来たくらいの時はまだ色々あったような気がします。

続きを読む

お酒飲んで風俗行く流れが王道だけど…

昨日、ホワイトをやってもらっているTさんとお酒を飲みにいってヘロヘロに酔っぱらいました。

 

Tさんはもう12年くらいの付き合いのある友人?先輩?みたいな距離感の人です。

 

ホワイトをどういう風にするかを一生懸命考えているようです。

続きを読む

六本木のキャバ嬢。新宿のキャバ嬢。

もう5年くらい前の話だ。

高尾山のふもとに『うかい竹亭』という料亭がある。
有名なうかい亭の系列の店で料理は相当美味しい。
ここが夏になると庭に蛍を放つのだ。
蛍のシーズンはすぐに予約が埋まってしまうので、1年前くらいからあらかじめ予約をしていた。
完全に独立した個室しかないお店なので、人数はザックリで一部屋という単位で予約した。 続きを読む