ブログの辞め時

Pocket

毎日ブログを書くという風にいっているので無理にでも毎日書いているのだが、シンプルにネタが中々なくなってきた。

 

辞めないにしても、毎日更新というのをいつまでやろうかというのは悩んでいる。

 

なるべくならこのブログは風俗に関係したものだけをやっていきたい。

 

少なくとも僕の日記に近いようなものは、また別にしようかなと考えている。

最初にブログを更新したのは3月くらいだったろうか。一度ライブドアブログで毎日更新してたら悪い事を書いて消されている。

このブログに移してからは今年の4月22日からなので7か月くらいか。

 

本当は僕はブログをする気なんて更々なかった。

ただコンテンツとして皆にやって欲しいなっていう時に、「自分がやってからじゃないと人に言えないだろう」という事で始めただけだった。

ロボットデリヘルの中で、今、店に関わる人達がブログとかツイッターとかやってくれていて、それが実際に売上に繋がってるなと感じる事もある。

だから、やらないよりはやってよかったんだと思う。

 

ただブログをやっているうちに楽しくなってきたというのは事実としてあった。

正直、面倒だと思っても、ちょっと書き始めてしまえば結構長々とした文章になってたりして、我ながら「なんだよ、俺楽しんでんじゃん」とか思ったりしている。

 

やってて思うのは、ブログっていうのは一方的なツールだという事。

当たり前の話なのだがそれを実感した。

普通、自分の考えとかを述べる時は、その述べる対象がいて、反応があったりする。

ブログは、まぁコメントとかはあるが、それを無視してたら、ただただ自分の意見を外に一方的に垂れ流すだけだ。

内的にも外的にも、実はとても激しい事をしているんだなという風に思う。

その激しさみたいな部分と向き合わざるを得なくなったのはブログのお陰だ。

 

 

前にうちの店のイチゴちゃんに「ブログは誰に向けて書いてるんですか?」と聞かれた。

このブログは自分の為に書いている。

 

一応の形として、このブログを読んでもらって今の風俗業界知って下さいっていうのは勿論ある。そこらへんの経営ブログよりは正直な意見を書いていると思うし。

ただ、毎日更新しているとネタがなくなってくる。

僕は創作する才能がないので、結局自分が経験した事をかくしかなくなる。

本当は誰かの為に書きたかったのに、結局は自分の為にしかかけない程度の低いブログだなと思う。

井上陽水の氷の世界の歌詞が好きだ。

 

人を傷つけたいな 誰か傷つけたいな
だけど出来ない理由は やっぱりただ自分が恐いだけなんだな

そのやさしさを秘かに 胸にいだいている人は
いつかノーベル賞でももらうつもりでガンバってるんじゃないのか

ふるえているのは寒さのせいだろ
怖いんじゃないネ
毎日吹雪吹雪 氷の世界

SNSでもご購読できます。

ロボットデリヘルへGO

コメント

  1. ジャンボ より:

    お疲れ様です。
    本当に楽しみにしているので毎日更新じゃなくて良いので、辞めるのは止めて下さい!

コメントを残す

*