客の気持ちとキャストの気持ちの間で揺れる内勤

Pocket

電話してるときはお客さんの味方だし、キャストの子と話してるときはキャストの子の味方だ。
内勤同士で話してるときは店の味方だ。

 

全員の肩を持てれば楽なんだけど、そうもいかない。

 

どこに肩入れするのがトータルで得になるのか。
3者の最大公約数はどこなのか。

それを瞬時に判断しなければならない。

この作業がうまければ店は成り立つと思う。

 

多分この作業ができる人っていうのがなかなか風俗業界にいないんだろう。

 

新規の店がバタバタつぶれるのは、この動きができる有能な店長がいないからであると思う。

 

こればっかりはよく内勤ともベストな判断はなんだったのかとか話し合うのだが、人それぞれだしケースバイケースだしで非常に難しい。

何より結果論だし。

 

どっかでハイパー仕事できる人が職探してないものだろうか。

SNSでもご購読できます。

ロボットデリヘルへGO

コメントを残す

*