2017年 5月 の投稿一覧

風俗体験マンガの未来

僕のこのブログに辿りついて読んで頂けるくらいの人は、人生で風俗体験マンガを読んだ事があると思います。
風俗情報誌とかに大抵1つくらいはのっている、例のやつです。

ストーリーは大抵、

電話して⇒ドキドキ待ってて⇒おー意外とかわいい子だー⇒プレイ濃厚⇒大満足!!⇒皆様も是非利用して下さいね!!

という流れです。
絶対にこの流れで決まってます。

続きを読む

決断に迷ったらカッコよくて大変な方にいくのがいい

仕事をしていくと色々と決断しなければいけない場面に遭遇します。

どっちも正しいし、間違っているかもしれません。

大抵、結果をみてみないとわかりません。そして自分以外の人間はその結果しかみてくれません。
結果をみてうまくいったら、褒めてくれる。
悪く言ったら、貶される。
周りの人は勝手なものです。テレビみて芸能ニュースに文句いってたりするテンションと変わらない訳ですから。

続きを読む

結局【寂しさ】が一番お金がかかるから、これを埋めないとどうしようもない

どれだけお金を持ったって、不思議なもので身の丈以上の部分は何かしらで無くなっていきます。

大抵、恋愛かギャンブルか見栄です。
この3つは底がないですから。

悪銭身につかずというのはこういう事をいうんじゃないかというくらい面白く、本当に一時的にお金持ちになったりしても、なくなるんですね。

お金っていうのは、本当に良く出来てると思います。
お金というのは魅力的すぎるので恐ろしいものだと思います。

続きを読む

女の子になめられない様にする12の方法【汚いです】

店を経営しようと思ったら、人になめられたらいけません。
なめてる人のいう事なんて聞いてくれないですから。

今日は僕がやってきた、女の子、従業員になめられない方法を書いてと思います。

ちなみに汚い方法です。
正しいカッコいい方法じゃないです。
好かれる方法ではなく、マウンティングの方法です。
今は僕がこのやり方してる訳ではなく、こんな方法もあってこんなやり口があるぞっていうのを前提に聞いて頂けると助かります。

続きを読む

本指名に繋がる方法 【実践編】

本指名に繋がる方法 【基本編】に目を通してから読んで頂けるのを推奨します。
さて以前「隙」「共感」「謎」というのが本指名に繋がるという話をさせてもらいました。
この3つが具体的にどういうものなのか、というのを書いていきたいと思います。
まずは「隙」です。
時々、全く隙が無い子がいます。

例えば、まだそんな話になってないのに「私、絶対に連絡先教えない事にしてるんです」とか「本番は絶対にしません!」とか言っちゃう子がいます。

続きを読む

店と女の子の1番良い距離感

風俗を経営する上での永遠の悩みなのではないでしょうか?
店と女の子との距離感について考えている事を話したいと思います。

キャストの女の子というのは、風俗店において一番大切な存在です。
いかにいい電話番がいようとも、いかに優秀な広告を打とうとも、女の子がいなければ1円にもなりません。
女の子が大切すぎるので、基本的に店の人間は、滅茶苦茶甘やかします。
悪い事をしたらしっかりと怒りますが、怒り過ぎて機嫌を損ねるのも店にとって不利益になるので、細心の注意をはらいます。

続きを読む

ドカントという求人情報誌の謎

SPAとかをはじめとする、男の情報誌系が好きで時々買っては読んでいる。

下世話な特集が好きというのは前提としてあるのだが、エロ業界のトレンドを知る勉強にもなるので一石二鳥だ。

飲み屋で喋るくらいの知識としてちょうどいい温度感で記事もかかれているので、時事ネタの話とかになったときはその記事の文章を、さも、自分の意見かのように言う事も出来る。

続きを読む

SEOとかいうけど…結局の所、面白いコンテンツを作れって事じゃん?そうだよね?

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを指します。

だそうです。
SEOという言葉の意味もなんとなく分からないままに、今の風俗業界ではSEO、SEOと言われてるような気がします。
なんかSEOとかよくわかんないけど、知らないと恥ずかしいし、みんな気にしてるみたいだからとりあえず言っておこう…みたいなノリの人が業界に何人いるのでしょうか。

僕なんて風俗業界で若い方なのに、パソコン世代なのに、そんなわかってないのに、本当に業界の先輩方SEOって言葉を理解した上で言ってるの?と非常に疑問に思ってます。
多分、皆、わかったふりしてるんだと決めつける事にしてますww
とはいえ、SEOの最低限の知識は必要です。
うちも最低限ちゃんとやっております。

続きを読む